にゃんにゃんドック – Dセクション

  • 下痢パネル※
    便の中の病原体の遺伝子(DNA)を調べる検査となります。10種類の病原体が便の中にいるかを高精度で判断できます。
  • 上部呼吸器疾患パネル
    呼吸器の病気を引き起こす病原体の遺伝子(DNA)を調べます。6種類の病原体が口の中にいるかを高精度で判断できます。
  • 猫コロナRealPCR※
    猫伝染性腹膜炎(FIP)の原因となるコロナウイルスが血液や胸水、腹水中に存在するかどうかの判定です。
  • スポットテスト※
    何にアレルギーを持っているかどうかの血液検査です。一度に92種類のアレルゲンについて結果が出ます。
  • リポテスト※
    血液中の中性脂肪とコレステロールの精密検査です。
    高脂血症と言われた猫ちゃんには必要な検査です。
  • 肥大型心筋症(HCM)遺伝子検査※
    メインクーンとラグドールの品種限定の検査になります。肥大型心筋症になりやすい体質かどうかの遺伝子検査です。アメリカのUC DAVISにて検査します。
  • ピルビン酸キナーゼ欠損症(PK Def)遺伝子検査※
    赤血球が壊れて、貧血が起きる病気の遺伝子を持っているかを調べる検査です。アビシニアン、ソマリ、シンガプーラで多く報告があります。アメリカのUC DAVISにて検査します。
  • 血液型検査※
    A型、B型、AB型を判定します。

※は外部の検査機関に委託しますので数日かかります。

猫専門病院|東京猫医療センター