03-6240-2271

午前9:00-12:00

休診:水曜日

午後16:00-19:00

往診:要相談


獣医師勤務表

にゃんにゃんドックのご案内

「健康診断といっても、何をすればよいか分からない。」というお声を、よくいただきます。
一言に健康診断と言っても、実施すべき検査は、それぞれの猫ちゃんによって異なります。
一匹一匹にあわせた検査をすることで、ストレスは最小限に、より多くの情報を得ることが大切です。
「猫ちゃんと飼い主様にあわせた、オーダーメイドの健康診断を一緒に考えていきたい。」
これが私たちの想いです。

健康診断の必要性

猫はとても我慢強く、病気になっても痛みや辛さを限界まで隠してしまう動物です。
飼い主様が症状に気づいた時には病気が進行していることも多く、早期発見・早期治療の実現が大切な家族を守る第一歩です。

当院では定期的な健康診断をおすすめしています。

にゃんにゃんドックのコース

各コース、A〜Dの検査内容のうち、下記の表に記載されている数だけ検査内容をお選びいただけます。
検査内容に関してはこちらをご確認ください。

コース トライアル ライト スタンダード デラックス スペシャル
対象 お試しの健康診断を
ご希望の方
費用を抑えた健康
診断をご希望の方
初めての健康診断を
ご希望の方
細部までの健康
診断をご希望の方
特定の検査を
ご希望の方
検査時間 半日
Aの検査 2種類 2種類 2種類 2種類 2種類
Bの検査 3種類 4種類 4種類 4種類 4種類
Cの検査 1種類 3種類 4種類
Dの検査 1種類

にゃんにゃんドックの検査内容

Aセクション
Bセクション
Cセクション
Dセクション

糞便検査

簡易的な寄生虫検査および腸内細菌の検査を行います。

血圧検査

前肢や尾で測定します。高齢の猫ちゃんに高血圧は多いとされています。

血糖値チェック

糖尿病を発見するにはまず、血糖値のチェックが必要です。

尿蛋白/クレアチニン比

尿中へのタンパクの漏れを検出します。タンパクの漏れが多いと腎臓病の進行が早いとされています。

皮膚系糸状菌検査

皮膚に生えるカビ(真菌)の検査です。皮膚に脱毛がある猫ちゃんにおすすめです。このカビは人にうつる事もあります。

フルオレセイン検査

眼の表面(角膜)に傷がついていないかを調べる検査です。

耳垢検査

耳垢(みみあか)の性状と耳の中にミミダニが寄生していないかどうかを調べる検査です。

眼圧検査

眼球の内圧を測定し、失明の恐れのある緑内障などがないかを調べる検査です。

眼底検査

眼球内側の最深部にある網膜・血管・視神経の異常がないかを調べる検査です。

※は外部の検査機関に委託しますので結果が出るまでに1日〜2週間かかります。

尿検査

尿糖、血尿などの尿の一般的な性状の検査を行います。泌尿器系の病気の発見の第一歩です。

FIV/FeLV検査

猫エイズウイルス、猫白血病ウイルスの検査です。

トキソプラズマ抗体価

人獣共通感染症であるトキソプラズマへの感染の有無を調べる検査です。

心電図検査

不整脈の検査です。不整脈を発見するには心電図が必要です。

胸部レントゲン検査

心臓の大きさや位置を確認します。肺や気管の状態も確認します。

腹部レントゲン検査

腹部臓器の大きさや位置を確認します。

腹部超音波検査(泌尿器)

泌尿器系(腎臓、膀胱)の臓器の内部構造を確認します。

腹部超音波検査(消化器)

消化器系(肝臓、胃、腸管)の臓器の内部構造を確認します。

SDMA(院内・外注

腎機能のバイオマーカーです。腎臓病の早期発見につながります。

フルクトサミン

過去2〜3週間の血糖値を調べる検査です。

※は外部の検査機関に委託しますので結果が出るまでに1日〜2週間かかります。

血液化学検査(院内)

内臓の機能を把握する事ができます。院内にて実施いたしますので当日に結果が出ます。

血液化学検査:SDMAを含む(外注

内臓の機能を把握する事ができます。結果報告は後日になりますが、腎機能のバイオマーカーであるSDMAも同時に測定可能です。

腹部超音波検査

内臓の内部構造やリアルタイムの動きを確認します。

心臓超音波検査

心臓の動きと内部構造(心筋の厚みや弁の状態)の確認をします。

猫フィラリア抗体/抗原検査

フィラリアが感染しているかどうかの検査となります。

心疾患血液検査(NT-proBNP:院内・外注

心臓の筋肉から分泌されるホルモンの測定です。心臓病になるとこの数値が上昇します。

猫すい臓特異リパーゼ(SpecfPL:院内・外注

すい臓に炎症が起こると、この数値が上昇します。慢性的に嘔吐が続いている猫ちゃんは一度調べてみることをお勧めします。

甲状腺機能検査(T4:院内・外注

甲状腺ホルモンの測定です。高齢の猫ちゃんに多い病気である甲状腺機能亢進(こうしん)症を見つけるにはこのホルモン測定が重要です。

SAA:血清アミロイドA(院内)

体の中で炎症が起こると急激に血液中に増加するタンパク質を測定します。

※は外部の検査機関に委託しますので結果が出るまでに1日〜2週間かかります。

下痢パネル

便の中の病原体の遺伝子(DNA)を調べる検査となります。10種類の病原体が便の中にいるかを高精度で判断できます。

上部呼吸器疾患パネル/結膜炎パネル

呼吸器の病気を引き起こす病原体の遺伝子(DNA)を調べます。6種類の病原体が結膜や咽頭にいるかを高精度で判断できます。

猫コロナRealPCR

猫伝染性腹膜炎(FIP)の原因となるコロナウイルスが存在するかどうかを調べる検査です。

甲状腺機能検査(T4、FT4)

重度の併発疾患が存在する場合等は通常の甲状腺ホルモンの測定では臨床症状と検査結果が一致しないことがあるため、こちらの検査をお勧めします。

リポテスト

血液中の中性脂肪とコレステロールの精密検査です。高脂血症と言われた猫ちゃんには必要な検査です。

肥大型心筋症(HCM)遺伝子検査

メインクーンとラグドールの品種限定の検査になります。心臓の筋肉が肥大する病気の遺伝子を持っているかを調べる検査です。アメリカのUC DAVISにて検査します。

ピルビン酸キナーゼ欠損症(PK Def)遺伝子検査

赤血球が壊れて、貧血が起きる病気の遺伝子を持っているかを調べる検査です。アビシニアン、ソマリ、シンガプーラで多く報告があります。アメリカのUC DAVISにて検査します。

血液型検査

A型、B型、AB型を判定します。

IGF-1(インスリン様成長因子)

先端肥大症(末端肥大症)を疑う場合やコントロール不良の糖尿病の際に測定します。

FGF23(繊維芽細胞増殖因子23)

慢性腎臓病の際、リン制限開始時期の指標や食事療法による治療効果測定に役立つバイオマーカーです。

※は外部の検査機関に委託しますので結果が出るまでに1日〜2週間かかります。

よくあるご質問FAQ

便は持参をお願いします。
尿は基本的には病院内で採取させていただくため、ご持参は不要です。
お選びいただくプランにもより変わりますが、スタンダードコース以上の場合には数時間かかることが多いです。
午前中にご来院いただき、午後の診察時間にお返しとなります。
スタンダードコース以上であれば、午前11時までのご来院をお願いしております。

Access アクセス

〒135-0004 東京都江東区森下1-5-4

03-6240-2271

受付時間 午前 9:00〜12:00 午後 16:00〜19:00

お支払い方法

  • VISA
  • Mastercard
  • Diners Club
  • JCB
  • American Express
  • Union Pay
  • DISCOVER
  • R Edy
  • iD
  • WAON
  • nanco
  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • toica
  • ICOCA
  • manana
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん

※お車でお越しの方へ

病院周囲の道路は駐車禁止区域です。短時間であっても近隣のコインパーキングにお停めいただけますようお願い致します。なお、コインパーキングをご利用の旨を受付におっしゃっていただければ、駐車料金の一部を当院にて負担させていただきます。

診察時間 日・祝
09:00 - 12:00 診察可 診察可 診察不可 診察可 診察可 診察可 診察可
16:00 - 19:00 診察可 診察可 診察不可 診察可 診察可 診察可 診察可
03-6240-2271

受付時間 午前 9:00〜12:00 午後 16:00〜19:00

Contact コンタクト

お問い合わせはこちら 03-6240-2271

診療時間 午前 9:00〜12:00 午後 16:00〜19:00

03-6240-2271

午前9:00-12:00

休診:水曜日

午後16:00-19:00

往診:要相談

獣医師
勤務表