東京猫医療センター

東京江東区の猫専門病院

海外学会の様子

ISFM in リガ

ラトビアのリガで開催された、ISFMの年次大会に参加させていただきました。世界遺産でもあるリガ歴史地区まで歩いて5分のホテルでの開催でした。今回のテーマは『行動学と神経病』です。てんかんや麻痺などの話題を中心に膀胱炎や栄養学の話まで幅広く講演がありました。とくに神経病に関しては新しい情報がたくさんあり明日からの診療に活かせればと思っております。
参加していた間に夏至が重なり22時をすぎても明るく不思議な感じでした。ラトビアの人々にとって夏至はお祭りであり、レストランやバーでは夜通しライブやパーティーが繰り広げられていました。屋根の上に猫の像が乗っている猫の家(Kaku Maja)を見つけて思わず写真撮影。
この学会で毎年会う、ドイツやエストニア、アイルランド、イギリス、台湾の獣医師ともゆっくり話ができて有意義な学会となりました。


1 2 3
マレーシアのクアラルンプールで開催されたISFM(国際猫医学会)のアジア・太平洋大会に参加してきした。
クアラルンプールは20年前にも一度訪れた事があるのですが、その頃とは見違えるくらい町は発展していました。マレーシアの人たちはとても親切で、道に迷っていると丁寧に案内もしてくれました。
丸2日間、猫の「腎臓病」と「肝臓病」に関する講義が盛りだくさんでした。学会は地元もマレーシアはもちろん、韓国、中国、シンガポール、インドネシアなどアジア各国から、またアメリカやイギリス、オーストラリアからも猫の医療を学びにたくさんの獣医師が参加していました。18カ国、220名の参加です。
腎臓病の長期的なケアの方法や、猫の肝臓病の新しい概念など最新の情報もいくつか発表されておりとても充実した2日間となりました。


1 2 3

World Feline Veterinary Congress 2013 in バルセロナ

スペインバルセロナで開催されたISFMによる学会です。
内容のテーマは『子猫と高齢猫』についてでした。
初日は「子猫」についての講義が行われ、母親のいない猫の育て方や、子猫譲渡の際の里親さんへの教育の仕方、アニマルシェルターでの感染症の管理の仕方(この辺りはさすが動物福祉の進んだ欧州ですね)、そして遺伝子の関与した病気についてのお話がありました。遺伝病の講義ではスコティッシュ・フォールドも出て来たのですが、日本ですごく人気があるのよ!と強調されていたのが印象的でした。
2日目・3日目は「高齢猫」についての講義が行われました。高齢になってくると問題になる関節炎や慢性腎臓病、甲状腺機能亢進症などについてのお話でした。特に印象的だったのが、高齢になるとむしろ必要なカロリーは増えるということ。それなのに脂肪やタンパク質の吸収能力は落ちてしまうのでフードの内容はよく考えて与えなければいけないということでした。
さて、バルセロナは言うまでもなくサグラダファミリアのあるところです。しかしガウディの建築だけでなく、他の建築家の素敵な建物がたくさんあったり(モダニズムの建築がいっぱい!)、食べ物が美味しかったり(今どきのバルは紙ナプキンが落ちてなくても美味しいらしいです)、陽気な人たちばかり、とエネルギーに満ちあふれた土地でした。


1 2 3

ISFM in ブダペスト

今回はブダペストで開催されました。ブダの王宮の向かいのホテルでの開催です。今回のテーマは『臨床病理と画像診断』です。血液検査の読み方や、レントゲンや超音波検査の読み方など基本に立ち返ったテーマです。犬と猫の違いを中心に、また時にはまだ論文に発表されていない新しい話も織り交ぜ幅広く講義が組まれており大変有意義なものとなりました。腎不全の治療として今まであまり欧米で評価されていなかった活性炭に関する発表もあり、改めて日本の猫医療を見直す良い機会となりました。今後はヨーロッパでも活性炭の治療が広まり、少しでも腎臓病で苦しむ猫ちゃんが減るといいですね。

今回は過去最高の33カ国から参加しており、共にの猫の医療の向上を目指す獣医師達との交流は忘れられないものとなりました。


1 2 3

2011年 第1回 world feline veterinary congress in ボストン

アメリカの学会(AAFP)とヨーロッパの学会(ISFM)の共同開催となる初の「世界猫獣医学会」でした。第一回のテーマは「猫の心臓病」についてです。「猫の心臓病」をテーマに3日間の開催です。ボストンにはまだ古い街並が残り、割とのんびりした街でした。ロブスターや牡蠣も美味しく素敵な街!


1 2 3

2011年 ISFM in ウィーン

音楽の都「ウィーン」での開催。宮殿やオペラ座など歴史的な建物に囲まれて素敵な時間を過ごせました。オーストリアの人はとても親切でした!テーマは「猫の呼吸器疾患と眼科疾患」ヘルペスウイルスに関連する内容が盛りだくさんでした。


4 5 6

2010年 AAFP in ニューオリンズ

ジャズの街ニューオリンズ!町中ではいたるところでジャズバンドが演奏していました。アメフトの開幕戦と学会が重なったため街中お祭り騒ぎ!にぎやかな街でした。テーマは「猫の神経疾患と眼科」です。


7 8 9

2010年 ISFM in アムステルダム

オランダのアムステルダムでの開催でした。街の中に水路が張り巡らされており素敵な街でした。学会開催中はサッカーワールドカップ真っ最中!偶然にも日本×オランダ戦が開催中。スポーツバーでオランダ人に囲まれながら応援!残念ながら負けてしまいました…。テーマは「猫の歯科と疼痛管理」特に疼痛管理は新しい話が盛りだくさんで非常に有意義な学会でした。



10 11 12

2009年 AAFP in デンバー

2009年はコロラド州にあるデンバーでの開催です。まだ10月なのに大雪の中での開催でした。テーマは「猫の複合疾患」2つ以上の病気が同時に起こってしまった場合の治療法など、医学書には載らない情報が沢山ありました。



13 14 15

2009年 ISFM in ドブロブニク

ドブロブニクというクロアチア南部にある風光明媚な町で開催されました。この町は世界遺産にも登録されている町。「魔女の宅急便」の舞台にもなった町です。日本の学会の多くは大都市で開かれる事が多いですが、ヨーロッパの学会はバカンスをかねて観光地で行なわれる事も多いみたいでした。 この年のテーマは「猫の救急救命」についてでした。



16 17 18

CVE in アムステルダム

2010年にはオーストラリアのシドニー大学の「猫獣医学」の通信過程に入学しました。10ヶ月間の通信教育でした。オーストラリアに多い病気でも日本には少なかったり、その逆だったり。病気への考え方が違ったり、海外の獣医学に触れる事は非常に刺激的でした。写真は症例発表会の様子です。世界中の獣医さんが集まり症例発表会を行ないました。皆で色々意見を言い合いながらの楽しい集まりでした。



19 20 21

2008年 ISFM in エジンバラ

初のヨーロッパ学会。スコットランドの都市であるエジンバラで開催されました。この町は新しい都市と、古い都市が融合したような不思議な町です。テーマはアメリカの学会と同じ「猫の泌尿器疾患」でした。アメリカとヨーロッパの病気に対する考え方の違いを実感でき非常に有意義な学会となりました。


22 23 24

2008年 AAFP in アトランタ

初めて参加した、AAFP(アメリカ猫病院協会)の学会です。昔オリンピックが開かれたアトランタでの開催です。アトランタは多くの会議や学会が開かれる町だそうです。コンベンションセンターもたくさんありました。テーマは「猫の泌尿器疾患」 膀胱炎や腎臓病について多くの話を聞く事が出来ました。


25 26 27

Alamo Feline Health Centerでの研修プログラム in サンアントニオ

アメリカの猫専門病院 Alamo Feline Health Centerの研修プログラムに参加しました。院長は猫の専門書を多く書いているDr.Norsworthyです。2週間彼にぴったりついての研修でした。糖尿病やIBDについての新しい知見を沢山学ぶ事ができました。


28 29 30